日本株3日続伸、円安好感し自動車など輸出、海運高い-マツダ活況

東京株式相場は3日続伸。ドル・ 円相場が一時1ドル=84円台に乗せるなど円安基調が続き、収益改善 期待から自動車や精密機器など輸出関連、海運株など為替変動の影響 を受けやすい業種が買われた。上げの目立った自動車株では、環境対 応エンジンの生産を拡大すると一部で報じられたマツダが売買高1位。

TOPIXの終値は前日比6.50ポイント(0.8%)高の863.61、 日経平均株価は同72円76銭(0.7%)高の1万123円28銭。日経平 均は一時1万158円74銭と昨年7月8日以来の高値を付けた。

みずほ投信投資顧問の岡本佳久執行役員は、「円安に加え、米国経 済がしっかりしており、日本企業も恩恵を受けるという期待感が高ま っている」と指摘。ただ、日経平均は1万円が抵抗線になってきてい るとも話し、相場が一段高の展開となるのは、「期待感が高まっている 来期業績の出方次第」と言う。

米国の景気改善期待を背景に前日の米10年債利回りは一時

2.29%と昨年10月以来の高水準を付け、日米金利差の拡大からきょう の東京外国為替市場のドル・円相場は一時1ドル=84円18銭と、昨 年4月以来の円安・ドル高が進んだ。ユーロ・円も、前日の東京株式 市場終了時から1円ほど円安方向に振れ、業績に好影響が及ぶとの見 方から自動車、電機など時価総額上位の輸出関連株が終始堅調に推移。

一方、東証1部の上昇・下落銘柄数の百分比を示す騰落レシオは、 相場の過熱圏入りを示す120%を前日まで23日連続で超えており、直 近の上昇スピードの速さに対する警戒感もあって、午前終盤の日経平 均は0.3%高まで失速する場面も見られた。ただ、午後に為替の円安 基調が再度強まったほか、24時間取引の米国株先物の堅調な動きなど が支援材料となり、日経平均は午前の高値を上抜けるなど持ち直し、 投資家の買い意欲の強さを印象付けた。

自動車株で52週高値相次ぐ

東証1部業種別33指数では海運、輸送用機器、保険、その他金融、 鉱業、精密機器、電機、石油・石炭製品、繊維製品、パルプ・紙など 26業種が上昇。一方、空運や証券・商品先物取引、不動産、非鉄金属、 など7業種は安い。

個別ではマツダが上昇し、東証1部の売買高で1位。300億円程 度を投資し、燃料性能に優れた環境対応エンジンの国内生産を倍増す ると15日付の日本経済新聞朝刊が報道。今後の需要開拓を見込む買い が先行した。洪水被害で昨年10月以降、操業停止していたタイでの生 産を再開する方針を固めた、とNHKが15日報じたホンダも高い。時 価総額上位の輸出関連銘柄では、ホンダのほかトヨタ自動車、日産自 動車、スズキ、キヤノン、信越化学工業などが52週高値を更新し、相 対的に自動車株の高値更新が目立った。

リコーも急伸し、昨年8月来の高値水準を回復。シティグループ 証券は、来期以降に業績反転局面入りするとして、投資判断を「中立」 から「買い」に引き上げた。

一方、シャープが安い。片山幹雄社長は会長に就任し、海外事業 統括の奥田隆司・常務執行役員が4月に社長に昇格する人事を前日発 表したが、シティグループ証券では社長交代でも短期的に業績は低迷 する可能性が高い、との見方を示した。

東証1部の売買高は概算で24億1354万株、売買代金は1兆4296 億円、値上がり銘柄数は996、値下がり539。国内新興市場では、ジャ スダック指数が前日比0.2%高の53.34と6日続伸、東証マザーズ指 数が同1.4%安の381.30と続落した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE