バーナンキ議長、ツイッターでも情報発信-FRBの理解促す

最初はタウンホールミーティング、 次は記者会見だった。米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議 長は一般国民との対話を深める努力を続けてきたが、今度はいよいよツ イッターの出番だ。

FRBは14日、プレスリリースや講演、証言、議会への報告、週間 ベースのバランスシートに関するメッセージや「教育的効果のあるよく ある質問」もツイッターに今後投稿すると発表した。

トレーダーや投資家向けのオンライン投資コミュニティー、ストッ クツイッツのエグゼクティブエディター、フィル・パールマン氏は 「FRBはこれまでよりも摩擦が少ない方法でリアルタイムに情報の発 信が可能になる。皆があなたを話題にしていれば、あなた自身もその話 題に加わる必要がある。話が広がる中でそこにいないということはます ます難しくなる」と話す。

バーナンキ議長は昨年、四半期ごとの記者会見を開始したほか、テ キサスの軍事基地での講演やジョージ・ワシントン大学で今月予定する 講義に至るまで、さまざまな場所に姿を現している。ツイッターへの投 稿もFRBの政策とその機能に対する一般国民の理解を深める努力の一 環だ。

ワシントン時間午前9時(日本時間は午後10時)の発表後1時間 で、FRBのフォロワーは1500人を上回り、午後0時45分までに約5000 人に増えた。サンフランシスコとフィラデルフィア、ボストンなど多数 の地区連銀がツイッターに専用アカウントを既に開設している。

原題:Twitter Feed Is Fed’s Latest Effort to Reach Out to Public (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE