NY原油:反落、クッシングの在庫増加-サウジは供給約束

ニューヨーク原油先物相場は反落。 米オクラホマ州クッシングの原油在庫が9カ月ぶりの高水準となったこ とや、サウジアラビアが原油供給に不足が生じた場合の穴埋めを約束し たことが手掛かり。

米エネルギー省の発表によると、ウェスト・テキサス・インターミ ディエート(WTI)の受け渡し地点であるクッシングの在庫は先週 7%増加の3870万バレル。在庫の総計は6カ月ぶりの高水準に達した。 サウジのヌアイミ石油鉱物資源相は、世界の原油市場はバランスが取れ ているとの認識を示した。

BNPパリバ・プライム・ブローカレッジ(ニューヨーク)のディ レクター、トム・ベンツ氏は「供給は問題ではない。供給よりも不安の 方が影響している」と指摘。「107ドル近辺まで上昇したが同水準を抜 けられず、頭打ちとなった。今は逆方向を試している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前日 比1.28ドル(1.20%)安の1バレル=105.43ドルで終了。在庫統計発表 前は106.58ドル付近で取引されていた。年初からは6.7%値上がりして いる。

原題:Oil Falls as Cushing Inventories Rise, Saudis Pledge More Supply(抜粋)

--取材協力:Roger Runningen、Hans Nichols、Ayesha Daya.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE