欧州債:ドイツ債は下落、米景気判断引き上げで-イタリア債は上昇

14日の欧州債市場ではドイツ国債が 下落し、10年債利回りは3カ月ぶりの大幅上昇となった。米連邦準備制 度理事会(FRB)が前日開催した連邦公開市場委員会(FOMC)で 景気判断を引き上げたことを背景に、域内で最も安全とされるドイツ国 債の需要が後退した。

ドイツ10年債はその他のユーロ圏諸国の国債のパフォーマンスを下 回り、利回りはほぼ3週間ぶりの高水準に達した。イタリア国債は上 昇。この日の国債入札で3年物の落札利回りが1年5カ月ぶりの低水準 となったことがきっかけ。ギリシャ国債も上げた。格付け会社フィッ チ・レーティングスによるギリシャ格上げが好感された。

ロイズ・バンク・コーポレート・マーケッツの債券ストラテジス ト、エリック・ワンド氏(ロンドン在勤)は「FOMCの発表が材料視 され、ドイツ国債は下落した」と述べ、「市場が必要としていた信頼感 を与えるのに十分だった」と続けた。

ロンドン時間午後4時44分現在、ドイツ10年債利回りは前日比14ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し1.96%と、2月22日以 来の最高となった。同国債(表面利率2%、2022年1月償還)価格はこ の日、1.215下げ100.375。ワンド氏は同利回りが2%に向かってさらに 上昇するとみている。ドイツ2年債利回りは6bp上昇の0.24%。

イタリア入札

イタリア当局は3年債を50億ユーロ発行。落札利回りは2.76% と、2010年10月以来の低水準だった。応札倍率は1.56倍と、前回入札時 の1.40倍を上回った。10億ユーロ相当の7年債の落札利回りは4.3%。 総発行高は60億ユーロとなり、目標上限と一致した。

イタリア10年債利回りは前日比4bp低下の4.86%。同年限のドイ ツ国債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)は18bp縮小の290bp となった。

原題:German Bonds Slump on Fed Growth View as Italian Debt Advances(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE