三陸沖震源にM6.8の地震、津波注意報で20センチ観測-気象庁

14日午後6時9分ごろに三陸沖を 震源とする地震が発生した。気象庁は震源の深さが約10キロ、地震の 規模を示すマグニチュード(М)は6.8と推定されるとしている。

この地震を受けて青森県太平洋沿岸と岩手県、北海道太平洋沿岸東 部と同中部に津波注意報が出されたが、同7時40分に解除された。同 庁の午後7時44分発表によると、最大で20センチの津波が、青森県の 八戸港などで観測された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE