中国:国内大手銀行の融資能力へ制限を緩和-関係者

中国で新規融資が4年ぶりの低水準 に減少したことを受け、政府は国内4大銀行のうち3行について、貸し 出し能力に対する制限を緩和する。事情に詳しい銀行関係者が明らかに した。

関係者は、監督当局が銀行側に預金を通じ集めたより多くの資金を 融資提供に充てることを容認していると述べた。1-2月の輸出と工業 生産、小売売上高は低迷。高いリターンを求める預金者が口座から預金 を引き出していることもあり、融資の伸びは今年鈍化している。

中国工商銀行の関係者によれば、銀行監督当局は同行向けの2012年 の預貸率目標を63%に引き上げた。この目標は非公開で確定したもので はないとして関係者は匿名を条件に語った。昨年の数字は示していな い。

工商銀と競合する2行の目標も引き上げられた。この2行の関係者 が述べたが、それぞれの12年の具体的な目標数値についてはコメントを 控えた。工商銀の他に融資制限を緩和されたのは中国建設銀行と中国銀 行。両行の関係者がそれぞれ、中国銀行業監督管理委員会(銀監会)当 局者との先週の会合で示された目標を引用して語った。目標は銀行側が 検証しており、変わる可能性もあるという。

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)の信用ア ナリスト、廖強氏(北京在勤)は13日、「鈍い預金の伸びと預貸率の厳 しい上限規制が銀行の貸し出し拡大能力を制限している」と記者団に指 摘していた。

中国農業銀行の12年預貸率目標は先週、59%に引き下げられた。匿 名を条件に同行関係者らが述べた。

原題:China Said to Ease Curbs on Lending Capacity for Biggest Banks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE