インド:2月のインフレ率、5カ月ぶり加速-利下げ余地縮小

インドの2月のインフレ率は5カ月 ぶりに伸びが加速し、インド準備銀行(中央銀行)が景気鈍化に対応し て利下げに踏み切る可能性は低下した。

インド商工省が14日発表した2月の卸売物価指数(WPI)は前年 同月比6.95%上昇。1月は6.55%の上昇だった。ブルームバーグ・ニュ ースがエコノミスト25人を対象にまとめた調査の予想中央値では、2月 は6.70%上昇と見込まれていた。

インド中銀は15日、政策金利を発表する。今年に入り17%上昇して いる原油相場が、インフレをあおる恐れが出ている。同中銀は、持続的 なインフレ緩和と財政赤字削減策の動向次第で利下げもあり得ることを 示唆している。ムカジー財務相は16日に予算案を提出する。

HSBCホールディングスPLCのインド・東南アジア担当チーフ エコノミスト、レイフ・エスケセン氏(シンガポール在勤)は統計発表 前に、「中銀はインフレが持続的な下降軌道にあるという確証が欲しい ところだろう」と指摘した。

原題:India Inflation Quickens, Crimping Scope for Interest-Rate Cut(抜粋)

--取材協力:Manish Modi、Rina Chandran.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE