チューリッヒF:ドイツ銀アッカーマンCEOを会長に推薦へ

スイス最大の保険会社チューリッ ヒ・ファイナンシャル・サービシズは、ドイツ銀行のヨゼフ・アッカー マン氏が同行最高経営責任者(CEO)を退任する際に、取締役会が同 社会長として推薦する方針を明らかにした。

チューリッヒ・ファイナンシャルは13日にウェブサイトに掲載した 発表文で、取締役会が現在同社の副会長を務めているアッカーマン氏を 3月29日の年次株主総会の後に会長に推薦すると説明した。

10年かけてドイツ銀を国際的な投資銀行に転身させたアッカーマン 氏(64)は5月末で同行CEO職から退く。同氏は昨年11月に同行監査 役会会長に就任する計画を撤回した。欧州債務危機の解決に向けて政策 当局者の支援に取り組んだため、株主を支持を得るのに必要な時間がと れなかったことを理由にしていた。

コメルツ銀行のアナリスト、ロラント・フェンダー氏は「アッカー マン氏はスイス人で、金融界との関係が深いため、良い策だ」と述べ、 しばらくの間にわたって同氏の会長就任観測があっただけに、大きな驚 きではないと付け加えた。

原題:Zurich Financial Says Board to Propose Ackermann as Chairman (1)(抜粋)

--取材協力:Randall Hackley、Aaron Kirchfeld、Angela Cullen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE