シャンパンで乾杯-五輪、英女王の即位60周年で需要加速か

シャンパンの需要が今年、加速する との見通しを、業界団体が示した。ロンドン五輪が開催されるほか、新 興国の消費拡大が予想されるためとしている。

シャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会(CIVC)の英国支部 のディレクター、フランソワーズ・ペレッティ氏は、英国のシャンパン 消費が五輪の最後の5試合の間に平均で約10%増加するとみている。同 氏によると、英国向け輸出は、エリザベス女王の即位50周年の祝賀行事 が行われた2002年に26%増加した。

ペレッティ氏は電話インタビューで「シャンパンは祝賀のための究 極の飲み物だ」と指摘。今年は英国で五輪とエリザベス女王の即位60周 年祝賀行事が実施されるため「主要輸出市場である英国でかなりの量が 飲まれると予想できる」と述べた。

ペレッティ氏はロシアや中南米、アジアでの富の急増が「高級品の 需要拡大につながっており、シャンパンを楽しむことは最も上質な経験 の一つだ」と述べた。

CIVCによると、シャンパン出荷は昨年、1.1%増加し3億2300 万本。フランス国内では1.9%、英国向けは2.7%、それぞれ減少した が、輸出全体は5.2%増加した。

原題:Champagne Demand to Get Lift From Olympic, Royal Toasts in 2012(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE