米カルパース委員会、予定運用利回り引き下げを提案-7.5%に

米最大の公的年金基金、カリフォル ニア州職員退職年金基金(カルパース)の年金医療保険委員会は予定運 用利回りについて、アクチュアリーの提案よりも小幅な引き下げ案をま とめた。

同委員会は予定利回りを現行の7.75%から7.5%に引き下げるよう 勧めた。アクチュアリーのアラン・ミリガン氏は7.25%への引き下げを 提案していた。14日の理事会で検討される。

運用利回りが下がれば、カルパースが対象とする従業員と退職者、 その家族160万人強への給付を賄うために納税者の負担が増す可能性が ある。公的年金基金に対しては、運用利回りを実際よりも高めに想定 し、年金支給にあたっての不足額を隠しているとの批判がある。カルパ ースが前回、予定利率を引き下げたのは2004年で、8.25%から7.75%に 変更した。同基金の規模は2339億ドル(約19兆4500億円)。

原題:Calpers Committee Proposes Lowering Rate of Return to 7.5% (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE