米ポールソンのラクルジエール氏退社、ヘッジファンド創設へ

米ヘッジファンド運営会社ポールソ ンのパートナーで、銀行アナリストのチームを統括していたロバート・ ラクルジエール氏(49)が、独自のファンドを創設するため先週退社し た。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

情報は非公開だとして同関係者が匿名で語ったところによると、資 産家のジョン・ポールソン氏率いる同社に4年間勤務したラクルジエー ル氏は、世界的な金融会社に照準を絞ったヘッジファンドを6カ月以内 に設立する計画だという。

ポールソンは昨年、米景気回復を見込んだ取引がうまくいかず、過 去最大の損失を出した。保有する金融株のパフォーマンスが運用成績に 響き、10-12月(第4四半期)にはシティグループとバンク・オブ・ア メリカ(BOA)の全株式を売却した。今年に入ってからシティの株価 は34%、BOAは46%、それぞれ上昇している。

法律事務所シュルテ・ロス・アンド・ザベル(ニューヨーク)のパ ートナー、ダニエル・ハンター氏は「ポートフォリオがどうなったか、 ラクルジエール氏が投資家に十分な説明ができれば、資金を集められる かもしれない」と述べた。

情報が非公開であることを理由に別の関係者1人が匿名で明らかに したところによると、ラクルジエール氏はポールソンでポートフォリオ や投資に関する決定を下していなかった。

アナリスト10人を率いていたラクルジエール氏は、BOA傘下のバ ンク・オブ・アメリカ・セキュリティーズからポールソンに移籍。キャ ピタル・ワン・ファイナンシャルやリーマン・ブラザーズ・ホールディ ングス、ベアー・スターンズでの職歴がある。

原題:Paulson’s Lacoursiere Said to Leave to Start Own Hedge Fund (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE