ゴールドマンの顔にジーベルト氏-財務長官顧問や報道官経験

資産規模で米銀5位のゴールドマ ン・サックス・グループは、ガイトナー米財務長官の元顧問で、大統領報 道官の経験もあるリチャード・ジーベルト氏をコーポレートコミュニケ ーションのグローバル責任者に起用した。

ブルームバーグ・ニュースが入手した社内メモによれば、ジーベル ト氏は、マネジングディレクターとしてニューヨークで勤務を開始し た。広報担当のマイケル・デュバリー氏がメモの内容を確認した。2月 8日付のメモによると、ゴールドマンの顔として12年にわたって広報担 当責任者を務めてきたルーカス・バンプラーグ氏は、3月末で職を退 く。

ゴールドマンのロイド・ブランクファイン最高経営責任者 (CEO)は過去3年の間、同社のような行動が2008年の金融危機につ ながったという批判をかわす努力を続けてきた。クリントン政権下の大 統領報道官、ガイトナー財務長官の顧問を務めたジーベルト氏の経験 は、政治と金融政策、世間のイメージがない混ぜになるゴールドマンを めぐる論争のかじ取りに役立つと期待される。

米メリーランド州のタウソン大学でメディアと政権との関係を研究 するマーサ・ジョイント・クマー教授(政治学)はジーベルト氏につい て、「控えめかつ博識で修羅場の経験もあり、うってつけの人物だ。ホ ワイトハウスではぎりぎりの判断を迫る難しい問題に対処しなければな らないが、ゴールドマンのような場所で求められるのはまさにそれだ」 と話している。

原題:Goldman Sachs Hires Ex-Treasury Aide Siewert for Communications(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE