米ヌビーン:トップクラスの運用者、ヘッジファンドに移籍へ

米投資顧問会社ヌビーン・インベス トメント傘下の世界株式投資部門、トレードウィンズを率いるトップク ラスのポートフォリオマネジャー、デービッド・アイベン氏が、ジェフ リー・ビニク氏が運営するヘッジファンドへの移籍を計画している。

ヌビーンの広報担当者、キャスリーン・カードーザ氏は13日のイン タビューで、アイベン氏がビニク・アセット・マネジメントに移籍する ため6月に退社し、エミリー・アレジョス氏とアンドルー・セレン氏が 最高投資責任者(CIO)として職務を引き継ぐ見通しであることを明 らかにした。カードーザ氏によると、アイベン氏は今のところコメント できない。

ビニク氏はフィデリティ・インベストメンツを退社後、1996年にボ ストンを拠点にヘッジファンドを創業。アイベン氏も資産規模20億ドル (現在のレートで約1700億円)の「ヌビーン・トレードウィンズ・グロ ーバル・オール・キャップ・ファンド」などの投資信託の運用を通じて 投資業界で名をはせた。世界の株式に投資する同ファンドの過去5年間 の運用成績はプラス8.1%。ブルームバーグの集計によると、この成績 は競合ファンドのうち99%を上回っている。

ヌビーンは2007年、投資会社のマディソン・ディアボーン・パート ナーズによって56億ドルで買収され非上場企業となった。ヌビーンでは 同じくトップクラスのファンドマネジャーであるポール・ヘクマー氏 が09年、約6本の投資商品を立ち上げる同社の決定に賛同できないとし て退社している。

カードーザ氏はトレードウィンズについて、「深い洞察力を備えた チーム」であり、投資プロセスは主にアナリスト調査に基づいていると 述べた。

ヌビーンはNWQインベストメント・マネジメントやサンタバーバ ラ・アセット・マネジメントなどを傘下に擁し、投信やクローズドエン ド型ファンド、機関投資家からの預かり資金など約2300億ドルを運 用。06年に運営が開始されたトレードウィンズ部門は世界の株式に投資 し、約340億ドルを運用している。

原題:Top-Ranked Nuveen Manager Iben to Join Vinik’s Hedge Fund (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE