米メットライフ、ストレステストで資本比率が基準満たさず

米連邦準備制度理事会(FRB) が13日発表したストレステスト(健全性審査)結果によると、米生保最 大手のメットライフは深刻な景気後退のシナリオで米国の自己資本基準 を下回ると判断された。

FRBによると、このシナリオではメットライフのリスクベースの 資本比率は6%となり、最低基準である8%を下回る。

原題:MetLife Misses Fed Target on Capital Ratio in Stress Scenario(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE