米シティとサントラストなどがストレステストで最低基準に満たず

米シティグループは米連邦準備制度 理事会(FRB)が資本計画の効果を検討した結果、ストレステストで 自己資本がFRBの求める最低基準に達しなかった。

FRBによると、シティの中核的自己資本(Tier1)比率は深 刻な経済の落ち込みの影響を考慮すると4.9%に落ち込み、FRBが求 める5%を下回ると予想された。

FRBによれば、サントラストは同比率が4.8%となる。米アラ イ・ファイナンシャルは2.5%への低下が予想された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE