3月13日の欧州マーケットサマリー:欧州株は反発、ドイツ債は下落

欧州の為替・株式・債券・商 品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3110 1.3155 ドル/円 82.68 82.23 ユーロ/円 108.40 108.18

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 269.56 +4.69 +1.8% 英FT100 5,955.91 +63.16 +1.1% 独DAX 6,995.91 +94.56 +1.4% 仏CAC40 3,550.16 +60.10 +1.7%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 0.18% +0.03 独国債10年物 1.82% +0.06 英国債10年物 2.17% +0.08

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,690.00 -7.50 -0.44% 原油 北海ブレント 126.27 +0.93 +0.74%

◎欧州株式市場

13日の欧州株式相場は反発。ストックス欧州600指数は昨年7 月26日以来の高値を付けた。ドイツの景況感が予想以上に改善したこ とや米小売売上高の大幅な伸びが好感された。

オーストリアのライファイゼン・バンク・インターナショナルやイ タリアのウニクレディトなど銀行株が高い。フランスのニッケル生産会 社エラメットも金属価格に追随して上昇。2011年通期利益が市場予想 に届かなかった銅生産会社の英アントファガスタは値下がりした。

ストックス欧州600指数は前日比1.8%高の269.56で終了。 前日開催されたユーロ圏財務相会合(ユーログループ)は第2次ギリシ ャ救済策を承認した。指数は年初来で10%上昇している。

バンク・マルタン・モーレル(マルセイユ)で運用に携わるジェロ ーム・フォルネリ氏は「空模様が明るくなっている」と述べ、「欧州北 部ではかなり良い内容の経済指標が発表されており、ドイツが他国のけ ん引役になると期待している。米経済も改善しており、相場を支えてい る。株式相場に重しとなっていたソブリン債務危機によるストレスが消 えつつある。株式投資意欲が戻ってきた」と付け加えた。

ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がこの日発表した3月の 期待指数はプラス22.3と、前月のプラス5.4を大きく上回り、景況 感は4カ月連続で改善した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコ ノミスト36人の調査中央値ではプラス10.0が見込まれていた。

また、米商務省が発表した2月の小売売上高(速報値)は、季節調 整済みで前月比1.1%増加。過去5カ月で最大の伸びだった。この日 の西欧市場では、18カ国全てで主要株価指数が上昇した。

◎欧州債券市場

13日の欧州債市場ではドイツ国債が3営業日ぶりに下落し、10 年債利回りは1カ月ぶりの大幅上昇となった。ドイツで企業景況感が改 善したことを受け、域内で最も安全とされる同国債の需要が後退した。

この日発表された2月の米小売売上高が大きく伸びたことを背景に 世界的に株価が上昇したことも手掛かり。ギリシャの債務交換で発行さ れた同国債は初日の取引で下落した。スペイン国債も軟調。ユーロ圏財 務相会合(ユーログループ)は12日、スペインに一段と大幅な財政赤 字削減を促した。

コメルツ銀行の債券ストラテジスト、デービッド・シュナウツ氏 (ロンドン在勤)は「リスクに対するセンチメントが改善した」と指摘。 「ドイツ国債の利回りは最近付けた低水準付近にあることから、これ以 上は幾分下がりにくい」と述べ、ドイツの景況感を示す「ZEW指数は 予想を大きく上回った」と続けた。

ロンドン時間午後4時35分現在、ドイツ10年債利回りは前日比 6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し1.82%。一時 は7bp上げ、2月13日以降で最大の上昇となった。同国債(表面利 率2%、2022年1月償還)価格はこの日、0.52下げ101.645。

ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた3月の期待指 数はプラス22.3と、前月のプラス5.4から上昇。米商務省が発表し た2月の小売売上高は前月比1.1%増加。前月は0.6%増だった。

ギリシャ懸念

ギリシャの10年債と30年債はともに下落。ユーロ圏財務相が前 日に1300億ユーロ相当の第2次ギリシャ支援策を承認したものの、 同国の債務削減能力をめぐっては懸念が根強い。

ギリシャの2023年2月償還債(表面利率2%)の利回りは57b p上昇し19.02%。42年償還債の利回りは41bp上げ14.20%と なった。

◎英国債市場

13日の英国債相場は下落。2月の英住宅価格が1年7カ月ぶり高 水準に達したほか、欧州全体で株高となり、比較的安全とされる英国債 の需要が減退した。

10年債利回りは先月29日以降で最大の上げとなった。英王立公 認不動産鑑定士協会(RICS)が集計した英住宅市場に関する調査結 果によると、2月の住宅価格指標はマイナス13と前月から3ポイント 改善し、2010年7月以来の高水準となった。

RBCキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、サム・ヒル 氏(ロンドン在勤)は英国を含む欧州で株高となったため、「英国債利 回りが若干上昇したのは驚きではない」と説明した。

ロンドン時間午後4時17分現在、10年債利回りは前日比7ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.17%。12日には 6bp低下し、先月28日以来の低水準を付けた。同国債(表面利率 4%、2022年3月償還)価格はこの日、0.72下げ116.37。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor:蒲原桂子 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE