フィッチ:ギリシャを格上げ-債務交換でデフォルトリスク後退

格付け会社フィッチ・レーティング スは、ギリシャの信用格付けを一部債務不履行を意味するカテゴリーか ら引き上げた。債務交換の実施で同国がデフォルト(債務不履行)に陥 るリスクは後退するとの見通しを理由に挙げた。

フィッチは13日に電子メールで配布した発表資料で、ギリシャの長 期の外貨および現地通貨建て発行体デフォルト格付け(IDR)を「制 限的デフォルト(RD)」から4段階引き上げ、「B-」とした。見通 しは「ステーブル(安定的)」。新発債の格付けは「B-」とし、ギリ シャ国外の法律に基づく債券の格付けは引き続き「C」とした。

フィッチは「債務交換の完了が格付け上のデフォルトイベントを解 消させた」と説明。「ギリシャ債務返済の状況は大きく改善し、短期的 に返済困難となる事態が新発ギリシャ国債で再現されるリスクは減退し た」とした。ただ、「債務水準が依然として極めて高いため、重大なデ フォルトリスクは残る」としている。

原題:Greece Upgraded as Fitch Says Debt Swap Reduces Default Risk (1)(抜粋)

--取材協力:Keith Jenkins、Scott Hamilton、Gabi Thesing.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE