香港株(終了):上昇、ギリシャ支援承認-FOMC結果待ち

香港株式相場は上昇。ユーロ圏各国 の財務相が第2次ギリシャ支援を承認したことを好感した。米連邦準備 制度理事会(FRB)の連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、売買 高は低調だった。

時価総額で欧州最大の銀行、英HSBCホールディングス(5 HK) は1.4%高。米ナイキの靴を受託生産する裕元工業(集団、551 HK)も 上昇。

雅居楽地産(アジャイル・プロパティ・ホールディングス、3383 HK)を中心に中国の不動産株も高い。政府機関が初めて住宅を購入する 消費者向けに安定した融資政策を求めたとの報道が材料となった。碧桂 園(カントリー・ガーデン・ホールディングス、2007 HK)も買われ た。中国当局がガソリン価格を引き上げるとの観測から、中国海洋石油 (CNOOC、883 HK)は2.4%高。

キャッシュ・アセット・マネジメントのアソシエートディレクタ ー、パトリック・イウ氏は、「投資家は中国の経済成長が続いていると 考えている」と指摘。 「これは、企業業績が現状から後退せず、バリ ュエーション(株価評価)が魅力的であるということを意味する」と述 べた。

ハンセン指数は前日比205.52ポイント(1%)高の21339.70で終 了。ハンセン中国企業株(H株)指数は1.2%高の11356.28で引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE