英プルーデンシャル:11年は7%増益、アジア貢献-5.6%増配

時価総額で英最大の保険会社、プル ーデンシャルの2011年決算は、営業利益が前年比7%増加した。収益へ の貢献で、アジア事業が初めて最大部分を占めた。

13日の同社発表によると、営業利益は20億7000万ポンド(約2680億 円)と、前年の19億4000万ポンドから増加。ブルームバーグがまとめた アナリスト13人の予想中央値は20億2000万ポンドだった。

プルーデンシャルは収入の45%をアジアから得ており、欧州新規制 で資本増強を迫られる状況となれば、本拠を英国外に移すことも辞さな い構えを2月に示している。

同社は年間配当を1株当たり5.6%引き上げ25.19ペンスとした。ア ナリスト予想は25.04ペンスだった。

アジア事業の営業利益は前年比32%増の7億900万ポンド。同社全 体の純利益は4%増え14億9000万ポンドとなった。

原題:Prudential Full-Year Profit Rises 7% on Earnings Gains in Asia(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE