ロシア:利下げ見送り-大統領選後のインフレリスクを考慮

ロシア中央銀行は政策金利の引き下 げを見送った。大統領選挙前に講じられた物価抑制策が解除されれば、 インフレ率の記録的な低水準は長続きしないとの見方が示唆された。

同中銀がウェブサイトに13日掲載した声明によれば、リファイナン ス金利は8%に据え置かれた。ブルームバーグがエコノミスト20人を対 象にまとめた調査によれば、19人が据え置きを予想していた。入札に基 づく翌日物レポ金利も5.25%に維持、翌日物預金金利も4%に据え置か れた。

ロシア中銀は声明で、「外的な経済の不確実さが続くことを考慮し た上でのインフレリスク見通しと経済成長の展望に基づく決定だ」とコ メントした。

原題:Russia Holds Interest Rates on Post-Election Inflation Risk (1)(抜粋)

--取材協力:Zoya Shilova、Artyom Danielyan、Denis Maternovsky.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE