ロムニー氏、全米でサントラム氏をリード-BN世論調査

米大統領選挙の共和党候補指名争い は、全米でミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事がリチャード・ サントラム元上院議員をリードしている。大統領に当選する可能性(エ レクタビリティー)などの問題がロムニー氏への追い風になっている。

世論調査「ブルームバーグ・ナショナル・ポール」によると、ロム ニー氏の支持率は37%、サントラム氏は27%。ニュート・ギングリッチ 元下院議長は13%、ロン・ポール下院議員は11%。

ただ、予備選・党員集会のシーズンが経過するにつれて、ロムニー 氏の不支持率が昨年9月から10ポイント上昇し48%になるなど、共和党 候補に選ばれた場合のロムニー氏には不安要素も出てきている。

プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社、米ベイン・ キャピタル共同創設者としてのロムニー氏の経験については、共和党支 持者からは好意的に受け止められているものの、回答全体の52%はPE 業界の慣行は米経済にとって有害だとみており、68%は同業界の利益に 優遇税制が適用されていることに反対している。

原題:Romney Leading in Poll Showing Americans Distrust Private Equity(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE