円が反発、日銀追加緩和見送りで買い圧力-対ドルで一時81円台

午後の東京外国為替市場では円が反 発している。日本銀行はこの日の金融政策決定会合で金融政策の現状維 持を決定。一部で追加緩和期待が出ていたため、失望感から円を買い戻 す動きが出ている。

円は対ドルで一時、1ドル=81円97銭と、2営業日ぶりの81円台 まで上昇した。午前の取引では82円43銭から一時、82円17銭まで円 がじり高となっていたが、午後に入り、日銀の結果発表が遅れると、追 加緩和への期待が強まり、円は一時82円50銭付近まで売られる場面が 見られた。

バークレイズ銀行チーフFXストラテジストの山本雅文氏は、日銀 の決定について、成長基盤強化の貸し出しを2兆円増額するなど「一応 追加的な緩和という感じはある」と指摘。ただ、「期待が高くて、かつ (発表まで)時間もかかっただけに、インパクトは小さかった」として いる。

円は対ユーロでも1ユーロ=108円台を突破し、一時107円89銭ま で上昇。結果発表前には一時108円65銭付近まで値を切り下げる場面が 見られていた。

日銀は13日開いた金融政策決定会合で、全員一致で政策の現状維持 を決定した。政策金利は0-0.1%に維持。資産買い入れ等基金のうち、 長期国債やリスク資産などの買い入れを「30兆円」、固定金利方式の共 通担保オペを「35兆円」の計「65兆円」に据え置いた。成長基盤を強化 するための資金供給については、円貨、外貨両面での拡充により、貸付 額の総額を現行の3兆5000億円から5兆5000億円に2兆円増額するこ とを決定した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE