次期ユーログループ議長にモンティ首相推す動き-ルモンド紙

ユーロ圏財務相会合(ユーログルー プ)のユンケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)の後任候補をめぐ って、イタリアのモンティ首相にファンロンパイ欧州連合(EU)大統 領が水面下で接触している。フランス紙ルモンドが情報源を明示せずに 伝えた。ユンケル議長の任期は6月末で終了する。

同紙によると、ユーロ圏の「北部諸国」が支持する候補はフィンラ ンドのカタイネン首相だが、南部諸国はこの選択に乗り気ではない。今 回の危機で支援を必要としている加盟国に対するフィンランドの姿勢が 厳しいものとなっていることから、「南部諸国」はカタイネン首相の就 任に消極的だという。

ルモンド紙は、モンティ首相がこうした南北間の対立を調整できる 可能性を指摘した上で、首相の事務所はこの問題についてコメントを避 けていると報じた。また、2013年の国内選挙まで、同首相が新たな職責 を負うことを望まない可能性もあるとしている。

原題:Italy’s Monti Sought to Head Eurogroup, Le Monde Reports (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE