ギリシャ債務、20年までにGDP比116%に減少も-ロイター通信

ギリシャの債務スワップにさらに多 くの民間機関投資家が参加すれば、同国のソブリン債務は2020年までに 国内総生産(GDP)比116%まで減少する可能性がある。ロイター通 信が2人の欧州連合(EU)当局者の発言として伝えた。

ロイターによれば、この水準は国際通貨基金(IMF)が持続可能 と考えるGDP比120%を下回る。債務スワップへの現在の96%という 参加率の下では、121.5%になると想定されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE