3月12日の欧州マーケットサマリー:欧州株は反落、ドイツ債が上昇

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3148 1.3123 ドル/円 82.25 82.46 ユーロ/円 108.14 108.22

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 264.87 -.57 -.2% 英FT100 5,892.75 +5.26 +.1% 独DAX 6,901.35 +21.14 +.3% 仏CAC40 3,490.06 +2.58 +.1%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 .16% -.01 独国債10年物 1.76% -.04 英国債10年物 2.09% -.06

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,697.50 +10.00 +.59% 原油 北海ブレント 125.25 -.73 -.58%

◎欧州株式市場

12日の欧州株式相場は反落。ストックス欧州600指数の上昇は 前週末までの3営業日連続で止まった。中国の予想以上の輸出鈍化が響 いた。

金属が値下がりし、鉱山株が安い。英ソフトウエアメーカーのマイ シスが統合協議を打ち切ったスイス同業のテメノス・グループは4.9% 安。イタリアの銀行、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナは5%下げ た。筆頭株主が同行株の一部をローンの担保として保有する銀行と合意 に至り、同株式の売却が可能になることが手掛かり。

ストックス欧州600指数は前週末比0.2%安の264.87で終了。9日 ま

では予想以上の米雇用改善やギリシャ債務交換を好感して3日連続で上 昇したが、中国当局が10日発表した同国の2月の貿易収支は、少なくと も1989年以来最大の赤字だった。

カップストリーム・キャピタル(シドニー)のマネジングディレク ター、スティーブ・ゴールドマン氏はブルームバーグテレビジョンで、 「中国が唯一のマイナス材料となっている可能性がある」と指摘。「年 明けの相場は幸先良いスタートを切っており、世界経済へのリスクは3 -5カ月前と比べかなり小さくなった」と付け加えた。

ストックス欧州600指数は年初来では8.3%上昇。欧州中央銀行 (ECB)の3年物資金供給や予想を上回る米経済指標が支えとなって きた。この日の西欧市場では、18カ国中11カ国で主要株価指数が下落し た。

◎欧州債券市場

12日の欧州債市場ではドイツ国債が上昇し、利回りはほぼ4カ月 ぶりの低水準となった。ユーロ圏諸国がギリシャ向け第2次支援策を承 認する見通しとなったものの、同国財政が悪化するとの懸念が手掛かり。

ドイツ10年債相場は続伸。この日発表された同国の卸売物価指数 (WPI)が2月に鈍化し、国債の価値保存に寄与した。ギリシャ債を 保有する民間投資家が先週に損失受け入れで合意、ユーロ圏財務相会合 (ユーログループ)がブリュッセルでこの日に開かれる。ギリシャ政府 が債務再編で集団行動条項(CAC)を発動。これを受けて32億ドル相 当のギリシャ債を保証するCDSの決済を必要とする信用事由が発生し たと認定されたことから、ギリシャ債の保証コストは8週間ぶり高水準 に達した。

モニュメント・セキュリティーズのストラテジスト、マーク・オズ ワルド氏(ロンドン在勤)は「ギリシャの信用事由の影響を見極め、ユ ーログループを注視する動きがあり、これがドイツ国債の支援要因とな っている」と述べ、「ギリシャが注目されなくなることは決してない。 警戒感が多少高まったが、マイナスというよりは警戒だ」と続けた。

ロンドン時間午後4時9分現在、ドイツ10年債利回りは前週末比4 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.76%。一時 は1.74%まで下げ、昨年11月15日以来の低水準を付けた。同国債(表 面利率2%、2022年1月償還)価格はこの日、0.345上げ102.175。

ドイツ連邦統計庁の発表によると、2月の卸売物価指数は前年同月 比2.6%上昇。1月は3%上昇だった。

◎英国債市場

12日の英国債市場では10年債が4営業日ぶりに上昇、利回りは 月初来の最低を付けた。ユーロ圏景気の減速兆候を背景に、比較的安全 とされる英国債の需要が高まった。

イタリアが昨年10-12月(第4四半期)にリセッション(景気後 退)入りした上、ギリシャは第2次支援を確保しても簡単には回復しな いとの懸念は強まっている。また、英銀ロイズ・バンク・コーポレー ト・マーケッツの12日付リポートによると、英国民の失職に対する懸念 は2カ月連続で和らいだものの、関連指数は依然として危機前の平均水 準を下回っている。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ス タメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は「ユーロ圏でもとりわけ周辺 国で状況が改善し始める明らかな兆候が見えるまで、投資家は財政の先 行きに注目し続ける。それで安全な逃避先としての英国債は恩恵を受け る」と説明。「投資家は英景気見通しに慎重なままだ」とも語った。

ロンドン時間午後4時41分現在、10年債利回りは前週末比6ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.09%。先月28日以来の 低水準を付けた。同国債(表面利率4%、2022年3月償還)価格はこの 日、0.605上げ117.110。

イタリア国家統計局(ISTAT)がこの日発表した第4四半期の 国内総生産(GDP)統計(改定値)は前期比0.7%減となった。7- 9月(第3四半期)は0.2%減だった。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE