欧州の社債投資ファンドへの流入額、1月は3年ぶりの高水準

欧州の投資適格級社債に投資するフ ァンドへの資金流入額は今年1月に過去3年で最大となった。欧州債務 危機が最悪期を脱しつつあるとの楽観が背景にある。

ロンドンに拠点を置くアレグラ・アセット・マネジメントのノーバ ル・ロフタス最高投資責任者(CIO)は「住み良い地域にある豪華な 家のような投資先を探し求めている手持ち資金がまだ大量にある」と指 摘。「2012年に突入した途端に投資家はユーロ圏ソブリン債危機がうま く解決されることを一段と織り込み始めた」と述べた。

米モーニングスターによると、1月の投資適格級社債ファンドへの 資金流入額は20億ユーロと、2009年7月以来の高水準だった。

欧州中央銀行(ECB)が域内銀行システムに1兆ドルを超える資 金を供給したほか、ギリシャが史上最大のソブリン債再編を実現させた ことを背景に社債相場は上昇。バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリ ルリンチのデータによると、投資適格級の社債リターンは年初か ら4.9%上昇。昨年は2%の上昇だった。

原題:Corporate Bond Fund Inflows Jump to Three-Year High in Europe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE