中国株(終了):下落、景気減速で-保利房や上海汽車が安い 中国株(終了):下落、減速懸念で-保利房地産や上海汽車

中国株式市場では指標の上海総合指 数は下落。政府が金融政策を緩和するとの観測が広がる一方で、中国の 景気減速の兆しが強まっている。

保利房地産集団(600048 CH)が3.9%安。同社の売上高が減少した ほか、中国の銀行による2月の新規融資が予想を下回ったことが響い た。金地集団(600383 CH)も値を下げた。

上海汽車集団(SAICモーター、600104 CH)など自動車株も下 落。中国の乗用車販売台数が1-2月としては7年で最大の落ち込みと なったことが響いた。一汽轎車(000800 CH)も安い。中国中部の湖北 省で高速鉄道の未開通部分が一部崩壊する事故が起きたことで、中国鉄 建(601186 CH)が1.8%安。

大衆保険の呉侃ファンドマネジャー(上海在勤)は「全ての経済指 標は減速傾向を示している」と指摘。「投資家は政府が金融政策を緩和 すると期待しているが、その期待を満たすために政府が迅速に動くかど うかは引き続き見極める必要がある」と述べた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前週末比4.60ポイント(0.2%)安の2434.86で終 了。上海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は同0.4%安 の2654.40。

原題:China Stock Index Declines, Extending Weekly Loss, on Slowdown(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE