森ビル:森稔会長死去、77歳-六本木ヒルズなど総合不動産会社に

森ビル(東京都港区)の森稔会長 が8日午前6時52分、77歳で死去した。病気療養中だった。森ビル が12日、報道各社に電子メールで公表した。

森氏は東京大学教育学部を1959年に卒業。同年設立の森ビルの取 締役に就任、93年に代表取締役社長となった。11年には辻慎吾氏が社 長となり、森氏は代表取締役会長に就任した。

西新橋1森ビルのように、ビルの物件名に番号をつける中小型ビ ル開発が中心だった森ビルを、オフィスや住宅など複合施設の大規模 再開発事業を得意とする総合不動産会社に生まれ変わらせたのが森稔 氏だった。不動産会社の森トラスト社長の森章氏は弟にあたる。

森ビルが17年の年月をかけ開発したアーク森ビル(港区赤坂)は 86年に開業、東京に相次ぎ進出した外資系金融機関が入居するなど、 東京を代表するオフィスビルの一つとなった。03年竣工の六本木ヒル ズ森タワー(地上54階建て)では知名度をさらに向上させた。また、 中国にも進出し、08年には上海市で超高層ビル、上海環球金融中心(地 上101階建て)を竣工させた。森ビルの営業収益は11年3月期で2091 億円、純利益71億円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE