中国人民元の中心レート、10年来の大幅な引き下げ-相場下落

中国人民銀行(中央銀行)は12日、 人民元の中心レートを元安方向に引き下げた。2010年8月以来の大幅な 引き下げ。2月の中国貿易収支は少なくとも22年ぶりの大きな赤字幅と なった。

中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁が、相場変動は収支状況に 関連していると指摘したことで、人民元は7週間ぶりの大幅な下落とな った。

中心レートは0.33%引き下げられ1ドル=6.3282元に設定された。 中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海市場 で前週末比0.25%安の6.3265元と、1月20日以来の大幅安となった。

香港のオフショア市場では、人民元は前週末比0.2%安の6.3173 元。ブルームバーグが集計したデータによれば、人民元の1年物ノンデ リバラブル・フォワード(NDF)は0.3%安の6.3165元。これは上海 スポット取引を0.2%上回る水準。

原題:China Lowers Yuan Fixing Most Since August 2010 on Trade Deficit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE