世界の農業用水不足が深刻化か、食料需要拡大で-国連報告書

世界の食料需要の拡大に対応するた めには、農業用水が2050年までに19%増加する必要があるとの見通し を、国連が示した。増加分の大半は、既に水不足に見舞われている地域 で必要とされる見通しだ。

12日発表された、4回目となる国連世界水資源開発報告書は「多く の国々で農業用水資源の供給は既に限られ不安定であり、不足が悪化す る見通しだ」と指摘。「食料不足への懸念は世界中で強まっており、水 資源はさらに多く必要とされるだろう」としている。

国連食糧農業機関(FAO)によると、世界人口は現時点の約70億 人から2050年までに約93億人に増加すると予想されている。新興国の富 裕層の食肉消費が増えているため、食料生産は70%拡大する必要があ る。世界の農地の約25%は水資源の枯渇につながる集約農業により「大 幅に劣化」しており、土壌の質の低下や浸食の悪化につながっている。

第6回世界水フォーラムが12日からフランスのマルセイユで始ま り、各国の閣僚や産業界の代表、民間非営利団体(NPO)が資源管理 や廃棄、健康上のリスク、気候変動について話し合う。

原題:Farmers to Battle Water Scarcity as Food Demand Grows, UN Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE