中国人民銀:欧州危機が和らいでいる兆候がある-易副総裁

中国人民銀行(中央銀行)の易綱副 総裁は12日、中国が欧州への投資を続けると述べた上で、欧州ソブリン 債危機の混乱が和らいでいる兆候が見受けられると指摘した。

中国国家外為管理局(SAFE)局長を兼任する易副総裁は北京で の記者会見で、ユーロ圏が域内の危機に対応できることを確信している と言明。中国の対ユーロ圏投資額が増えているとも語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE