主要中銀、金融緩和の手を緩める兆しなし-回復の兆候でも

金融緩和を推進してきた世界の主要 中央銀行は一息ついているが、ブレーキは踏んでいない。

米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長と欧州中央銀行 (ECB)のドラギ総裁、そして日英の中銀総裁は、経済成長の促進に 向けた動きを小休止しているものの、回復の兆候を当然のものとは受け 止めていない。これは2011年と異なる点だ。一部の中銀トップは昨年、 景気見通しの改善を歓迎して金融引き締め策を検討または実際に実施し たが、結局は景気拡大の勢いが失われた。

これら主要中銀が成長を確実にしようと取り組んでいることは、4 行合わせて9兆ドル(約740兆円)に膨らんだバランスシートの縮小 や、過去最低水準の近辺にある政策金利の引き上げを急がないことを示 唆している。このところの景気回復が本物でないと判明した場合に備 え、各中銀は追加刺激策を講じる用意ができている。

シティグループの国際経済担当責任者ネイサン・シーツ氏は、「主 要中銀は深くて破壊的な問題が存在することを学んだ」と指摘。中銀は 現在、景気の先行きについて慎重な見方をしていると述べた。同氏は昨 年8月までFRBで国際経済分析を担当していた。

中銀のこうした姿勢を受け、米カンバーランド・アドバイザーズや フィデリティ・ワールドワイド・インベストメントは株式と商品の買い に動いた。クレディ・スイス・グループは、長期的なインフレの中で値 上がりする傾向のある株式や金などの資産を投資家に勧めている。

原題:Easiest Credit Shows No Signs of Abating as Fear Index Plummets(抜粋)

--取材協力:Jennifer Ryan、Toru Fujioka、Melinda Grenier.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE