Goldman Buoyed by Credit Rally Seen Leading Bank Gains

更新日時

債券相場が今年、過去15年余りで最 高のスタートを切ったことに伴い、米ゴールドマン・サックス・グルー プやJPモルガン・チェースなどはその恩恵を受けることになりそう だ。

JPモルガンのアナリスト、キアン・アボホセイン氏(ロンドン在 勤)は先月22日付の顧客向けリポートで、債券の売買高は昨年10-12月 (第4四半期)に比べ33%余り増え、高利回り債の利回り上乗せ幅(ス プレッド)は1ポイント超縮小したと指摘。これにより債券事業でトレ ーディング「強化」を進めるゴールドマンが最大の受益者になる可能性 があるとの見方を示した。

欧州債務危機に伴うスプレッド拡大や売買高減少で昨年7-12月 (下期)に債券トレーディングで30億ドル(約2500億円)余りの損失を 出した投資銀にとって、相場の持ち直しは不安の軽減につながるもよ う。欧州中央銀行(ECB)による無制限の3年物資金供給オペが世界 的な景気減速懸念を和らげ、社債の発行増加で売買が活性化した。

サンフォード・C・バーンスティーンのアナリスト、ブラッド・ヒ ンツ氏(ニューヨーク在勤)は「ウォール街の金融機関は通常債券を買 い持ちしているため、信用スプレッドの縮小場面では極めて良好なパフ ォーマンスを上げる傾向がある」と説明。「米経済が回復基調を持続 し、欧州が小手先の対応でも続けていれば、信用スプレッドは縮小す る」との見方を示した。同氏はゴールドマンとモルガン・スタンレーの 投資判断を「アウトパフォーム」としている。これは両社の株価リター ンが同業他社の平均を上回ることを意味する。

スプレッド縮小

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのグローバル・ブ ロード・マーケット・コーポレート指数によると、比較可能な国債に対 する世界の社債のスプレッドは1-2月に58ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)縮小し209bpとなった。これは同指数算出を開始し た1996年12月31日以降の年初来の減少幅としては最大。

メリルリンチの米ハイイールド・マスターⅡ指数によれば、米高利 回り社債のスプレッドは1.39ポイント縮小の5.98%。

ゴールドマンのアナリスト、リチャード・ラムズデン氏の先週のリ ポートによると、年初から今月6日までの投資適格級社債の1日当たり の平均売買高は、昨年10-12月に比べ39%増の141億ドルで、同1-3 月(第1四半期)の水準も上回った。住宅ローン担保証券(MBS)の 売買高は1-3月期よりも36%多く、10-12月期に比べ20%増えている という。

金融取引業規制機構(FINRA)の債券価格報告システム、トレ ースによれば、高利回り債の1日当たり平均売買高は今月8日までで56 億ドルと、前年同期の53億7000万ドル、10-12月期の34億7000万ドルを それぞれ上回った。

競合他社が事業縮小

売買高は起債増加の恩恵も受けている。米国での1-3月期の社債 引き受け額は少なくとも2002年以来の最高になる可能性がある。先週末 時点で企業は今年3555億ドルを発行し、昨年10-12月期全体を53%上回 っている。

ゴールドマンのデービッド・ビニアー最高財務責任者 (CFO、56)は先月の投資家会議で、トレーディングの増加で恩恵を 受けている銀行は従来よりも少なくなっているもようだと語った。

スイスの銀行UBSは昨年11月、米国のクレジット・フロー事業を 縮小しつつあり、複雑な仕組み債商品の売買を停止すると発表。クレデ ィ・スイス・グループは、債券のリスク資産比率を50%削減する方針を 示した。英ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ( RBS)は、仕組み債資産の一部を処分していることを明らかにした。

モルガン・スタンレーでトレーディング事業を統括するコルム・ケ ラハー氏(54)は先週開催された業界の会議で、主要プレーヤーは06年 の14社から今やその約半分に減っており、欧州で規模の劣る銀行は市場 から撤退しつつあると指摘。「明らかに市場では容量に空きが生じてい る」と語った。

米調査会社グリニッチ・アソシエーツが昨年7月に公表した機関投 資家調査によると、昨年1-6月(上期)の債券トレーディングで顧客 シェア1位はJPモルガン。2位以下はバンク・オブ・アメリカ (BOA)、ドイツ銀行、モルガン・スタンレー、英バークレイズ、ゴ ールドマンが続いた。

原題:Goldman Buoyed by Credit Rally Seen Leading Bank Trading Gains(抜粋)

--取材協力:Bradley Keoun、Christine Harper、Mary Childs.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE