日本株3日ぶり反落、輸出一角や紙パ、銀行安い-過熱感や円安一服

東京株式相場は3日ぶりに反落。 テクニカル指標から見た過熱感が再び強まっている中、為替の円安一 服、中国の軟調な経済統計が嫌気され、キヤノンやコマツなど輸出関 連株の一角が売られた。洋紙需給、市況の悪化懸念でパルプ・紙株も 安く、銀行や保険、海運株も軟調。

TOPIXの終値は前週末比3.43ポイント(0.4%)安の845.28、 日経平均株価は39円88銭(0.4%)安の9889円86銭。日経平均は続 伸して始まり、取引開始と同時に1万円の大台に再び乗せたが、その 後は徐々に伸び悩み、午後の取引ではTOPIXとともにマイナス圏 で推移した。

大和住銀投信投資顧問の岩間星二グループ・ファンドマネジャー は、「先週末からの動きが続いており、一本調子の上昇を警戒した日柄 調整相場になっている」と指摘。日経平均の1万円は節目で、利益確 定売りも出やすいが、「上昇基調は変わっておらず、今週中に終値での 1万円台回復はあり得る」との見方を示していた。

東証1部の上昇、下落銘柄数の百分比を示す騰落レシオ(25日移 動平均)は9日時点で2月23日以来、約2週間ぶりに140%を超えて いた。同レシオでは、120%を超すと目先の相場過熱を示す。過熱警戒 感が再燃していた中で、12日東京外国為替市場では、前週末に約11 カ月ぶりの円安水準を付けたドル・円相場が一時1ドル=82円11銭 と、円安が一服。

中国統計も懸念要因、業種別下落率1位は紙パ

また、中国の税関総署が10日に発表した2月の貿易収支は、315 億ドル(約2兆5800億円)の赤字となり、赤字は1年ぶり。中国の低 調な経済統計を受けたきょうのアジア株式市場は、香港ハンセン指数 が一時前週末比0.7%安となるなど軟調だった。こうした動きは、日 本株の取引参加者の心理悪化にもつながり、午後に相場が弱含む一因 となった。

東証1部33業種の下落率上位はパルプ・紙、海運、銀行、陸運、 保険、機械、ガラス・土石製品など。下落率1位の紙パに関しては、 印刷用紙主力の上質軽量塗工紙の卸値が1年半ぶりに下落し、年初に 比べ約3%安くなったと10日付の日本経済新聞朝刊が報道。また、日 本紙Gが9日に石巻工場の主力設備を再稼働させたことも、需給悪化 懸念につながった。

個別では、日本板硝子が安い。米格付会社のムーディーズは9日、 欧州景気の悪化や新興国での厳しい競争、投入コストの上昇圧力から 今後1年は収益とキャッシュフローの改善が限定的とし、発行格付け を引き下げた。

繊維や鉱業は堅調

一方、上昇率上位には繊維製品、鉱業、金属製品、精密機器など が並んだ。上昇率1位の繊維製品のけん引役は東レ。日覚昭広社長が 会見で、2013年3月期の連結業績について若干の増益になり、今期に 続き最高益更新になるとの見通しを示した、と10日付の日経新聞朝刊 が報道。上昇率3位の鉱業には、前週末9日のニューヨーク商業取引 所の原油先物が前日比0.8%高の1バレル=107.40ドルと3日続伸す る支援材料もあった。

東証1部の売買高は概算で22億6085万株、売買代金は1兆2894 億円、値上がり銘柄数は535、値下がりは996、国内新興市場は、ジャ スダック指数が前週末比0.4%高の52.14と3日続伸、東証マザーズ 指数が同1.1%高の386.39と続伸した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE