スワン豪財務相:来年度予算は大幅節減-財政黒字復帰に向け

オーストラリアのスワン財務相は、 5月に提示する2012-13年度(12年7月-13年6月)予算案について、 「大幅に絞る」項目を洗い出さなければならないとの認識を示した。同 国政府は来年度予算で財政黒字に復帰する方針を堅持している。

同相は電子メールで11日配布した経済情勢に関する週刊リポート で、「世界的な金融危機に伴う根強い影響の一つに、税収の著しい減少 がある」とした上で、「これが予算の最終ラインに影響することは避け られず、5月の予算案で大幅に絞る項目を見つける必要があることを明 確に表している」と語った。

鉱業や金融部門の低迷に伴い、昨年10-12月期の豪州企業の利益は 予想に反して減少。減少規模は2年半ぶりの大きさだった。同国の1月 の貿易収支は11カ月ぶりの赤字。鉄鉱石や石炭の出荷が減り、輸出総額 のほぼ3年ぶりの大幅な落ち込みにつながった。

同相のリポートによると、豪財務省が昨年11月に公表した中間報告 に基づく歳入は、12-13年度までの5年間で危機前の予測から1400億豪 ドル(約12兆2000億円)減少すると試算。法人税収は一段と減っている という。世界的に資源生産が拡大する中、企業の交易条件もここ数年の うちに徐々に悪化すると同相は予想している。

原題:Swan Seeks Budget Savings in Bid to Return Australia to Surplus(抜粋)

--取材協力:Benjamin Purvis.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE