カウダー独下院院内総務:ECBが供給した資金吸収することを望む

ドイツのキリスト教民主・社会同盟 (CDU・CSU)のカウダー下院院内総務は、欧州中央銀行 (ECB)が直ちにインフレ抑制という本来の責務に立ち戻り、ユーロ の安定を守るよう訴えた。米紙ウォールストリート・ジャーナル (WSJ、電子版)が10日、独経済誌ウィルトシャフツウォッヘとのイ ンタビューでの発言として報じた。

カウダー下院院内総務は「ECBがその限界を認識し、すぐに供給 した資金を吸収することを望む」と語った。ECBが金融市場の感染拡 大防止のために大量に供給した過剰流動性の吸収を求めてドイツが圧力 をかけ始めたとWSJは指摘している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE