ECBゴンサレスパラモ氏:スペインには銀行が依然として多過ぎる

欧州中央銀行(ECB)のゴンサレ スパラモ理事は、スペインが与信の純増を達成するのは、向こう数年間 は「極めて困難」だとの見通しを示した。スペイン紙パイスとのインタ ビューで語った。

同理事は、スペインの民間セクターは総額ベースで負債比率が極め て高いと指摘。国内には銀行が依然として多過ぎると述べた。

同理事はまた、ECBは金融・労働改革を前向きなものと評価して いると語った。

翻訳 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 大久保義人 +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net;

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE