ECBクーレ理事:インフレ率上昇は外的要因-日経新聞

欧州中央銀行(ECB)のクーレ理 事は、 同中銀の新たなインフレ見通しは消費者物価指数が示唆するよ りも緩やかだと述べるともに、緊急の資金供給策からの出口戦略を議論 するのは時期尚早との考えも示した。日本経済新聞がインタビューを引 用して伝えた。

ECBが配布したインタビュー記録によれば、クーレ理事は「イン フレ率の上昇は2つの外的要因による。大部分は商品価格と政府が決め た税制の問題だ」と指摘。「金融の動向によるものではない」と語っ た。

同理事はまた、ECBが欧州債務危機への対応で実施した緊急の流 動性供給策をどう解除すべきかについて決める機は熟していないと述べ るとともに、ECBの緊急国債購入策は「当面」継続するとした。

原題:Coeure Says ECB Inflation Forecasts Due to External Factors(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE