東電:福島第一原発の放出放射線量、毎時0.1億ベクレル

東京電力の松本純一原子力・立地本 部長代理は11日夕の記者会見で、福島第一原子力発電所の放出放射線量 について、毎時0.1億ベクレルと事故直後に比べ8000万分の1になって いることを明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE