東電:福島第一原発の安定状態の維持、廃止に取り組む-西沢社長

東京電力の西沢俊夫社長は11日、東 日本大震災1周年に当たり、「福島第一原子力発電所の安定状態の維 持、中長期にわたる廃止措置等への取り組みを安全に確実に進めてい く」と述べた。

東電の発表によると、西沢社長は「震災で亡くなった方のご冥福を 祈る」とともに「福島第一原発事故で周辺地域の皆様、福島県の皆様、 広く社会の皆様に大変なご迷惑と心配をおかけした」とあらためて謝罪 した。

西沢社長は事故の被害者の迅速、適切な賠償実現に全力で取り組ん でいく姿勢を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE