3月9日の米国マーケットサマリー:株とドルが上昇、雇用統計で

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。(表はNY午後4時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3114 1.3275 ドル/円 82.44 81.56 ユーロ/円 108.12 108.27

株 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率 ダウ工業株30種 12,922.02 +14.08 +.1% S&P500種 1,370.87 +4.96 +.4% ナスダック総合指数 2,988.34 +17.92 +.6%

債券 直近利回り 前営業日比 米国債2年物 .31% +.01 米国債10年物 2.03% +.02 米国債30年物 3.18% +.00

商品 (中心限月) 終値 前営業日比 変化率 COMEX金(ドル/オンス) 1,711.50 +12.80 +.75% 原油先物 (ドル/バレル) 107.52 +.94 +.88%

◎外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場ではドルが円に対して10カ月ぶりの 高値となった。過去6カ月間の米雇用の伸びが2006年以来の最大と なるなか、金融当局が追加刺激策を実施するとの観測が後退した。

カナダ・ドルとメキシコ・ペソは対ドルで下げ渋る展開。両国に とって最大の貿易相手国である米国の消費支出の見通し改善が背景に ある。ユーロは対ドルで3日ぶりに下落。ギリシャは債務交換で、集 団行動条項(CAC)を発動した。ノルウェー・クローネも安い。同 国政府と中央銀行は自国通貨高の抑制に向け口先介入を強めている。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループの為替スト ラテジスト、ブライアン・キム氏(コネティカット州スタンフォード 在勤)は、「米金融当局者はこの日の雇用統計をみてその力強さを認 識し、仮に一段の刺激措置で経済を下支えするとしても、従来と同じ 方法は取らない公算があると考えているだろう」と指摘。「米経済指 標の改善はユーロや英ポンド、円に対してドルを支えている」と述べ た。

ニューヨーク時間午後1時52分現在、ドルは対円で1.2%高の 1ドル=82円51銭。一時は82円65銭と昨年4月以来の高値を付 けた。ドルは対ユーロで1.2%高の1ユーロ=1.3115ドル。

◎米国株式市場

米株式相場は上昇。2月の非農業部門雇用者数の増加幅が市場予 想を上回ったことで、米経済に対する楽観的な見方が強まった。S& P500種株価指数は週間ベースで4週連続高となった。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価 指数は前日比0.4%高の1370.87。ダウ工業株30種平均は0.1% 上げて12922.02ドル。

シカゴのカストディー(証券管理)銀行、ノーザン・トラストの ジェームズ・マクドナルド最高投資ストラテジストは、「雇用統計は しっかりした内容だったが、素晴らしいというほどではない」と指摘 した上で、「この統計も助けとなり、米国は西側経済の中で、緩やか ながらも着実な回復を続けている経済として目立った存在になる。た だ失業率は改善しなかった。これは金融当局が緩和政策を維持するこ とを意味している。株式相場にとっては今後上昇するのが最も自然な 流れだ」と述べた。

世界の金融危機の後に強気相場が始まってからこの日でちょうど 3年となる。S&P500種は2009年3月9日に付けた12年ぶり安 値から103%上昇している。

◎米国債市場

米国債相場は下落、週間ベースでも下げた。朝方発表された2月 の雇用統計で3カ月連続の20万人以上の雇用増となり、金融当局は 追加の景気刺激策に踏み切らないとの見方が強まった。

10年債利回りは上昇。ギリシャが民間債権者の合意を取り付け、 史上最大のソブリン債再編の実現にこぎつけたことを受けて、安全な 逃避先としての米国債需要が減退した。国際スワップデリバティブ協 会(ISDA)の判定委員会はギリシャの債務再編に伴うクレジット イベント(信用事由)が発生したとの判断を示した。金利スワップス プレッドによると、米国債よりも高利回り資産を求める動きが強まっ ていることが示唆された。

クレディ・スイス・グループの金利ストラテジスト、カール・ラ ンツ氏は「雇用統計は確実に米国の景気が強まっていることを表して いる。さらに非常に良好な雇用増の水準が3カ月続いたことで、ある 程度の持続性も証明された。これが米国債相場に圧力をかけている」 と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時 間午後4時2分現在、10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1 bp=0.01%)上昇して2.03%。同年債価格(表面利率2%、償還 期限2022年2月)は1/8下落して、99 3/4。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は3日続伸。株式や他の商品市場につれ 高となった。米雇用者数の伸びが市場予想を上回ったことで、経済成 長や商品需要の見通し改善につながった。

米労働省が発表した2月の雇用統計によると、非農業部門雇用者 数(事業所調査、季節調整済み)は前月比22万7000人増。ブルー ムバーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央値は21万人 増だった。商品24銘柄で構成するS&PのGSCIスポット指数は 一時1%上昇。S&P500種株価指数は一時0.6%値上がりした。

アーチャー・フィナンシャル・サービシズの市場ストラテジスト、 アダム・クロフェンシュタイン氏(シカゴ在勤)は、価格がオンス当 たり1700ドルを上抜けた後、コンピューターを使った自動売買の注 文が発動し、上昇の要因となった可能性があるとの見方を示した。

同氏は電話インタビューで、「株式市場の楽観がようやく商品市 場に波及しているようだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 4月限は前日比0.8%高の1オンス=1711.50ドルで終了。週間で は0.1%の上昇。

◎NY原油先物市場

ニューヨーク原油先物相場は3日続伸。米雇用者数が予想を上回 ったため、米経済が成長し燃料需要が伸びるとの見方が強まった。

雇用統計で非農業部門雇用者数は前月比22万7000人増加した。 ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央値は21 万人増だった。ギリシャは債務の減免で民間債権者の合意を取り付け、 同国がデフォルト(債務不履行)に陥る可能性が低下した。

プレステージ・エコノミクス(テキサス州オースティン)のジェ イソン・シェンカー社長は「雇用統計は全体にわたり非常に良好な内 容だ」と指摘。「これで2012年の米経済および雇用市場に関して楽 観的な見方が強まるはずだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前日 比82セント(0.77%)高の1バレル=107.40ドルで終了。週間 では0.7%高、年初からは8.7%上昇している。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Mariko Rakuyama 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE