NY金:3日続伸、株や他の商品につれ高-米雇用統計を好感

ニューヨーク金先物相場は3日続 伸。株式や他の商品市場につれ高となった。米雇用者数の伸びが市場予 想を上回ったことで、経済成長や商品需要の見通し改善につながった。

米労働省が発表した2月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数 (事業所調査、季節調整済み)は前月比22万7000人増。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央値は21万人増だった。 商品24銘柄で構成するS&PのGSCIスポット指数は一時1%上昇。 S&P500種株価指数は一時0.6%値上がりした。

アーチャー・フィナンシャル・サービシズの市場ストラテジスト、 アダム・クロフェンシュタイン氏(シカゴ在勤)は、価格がオンス当た り1700ドルを上抜けた後、コンピューターを使った自動売買の注文が発 動し、上昇の要因となった可能性があるとの見方を示した。

同氏は電話インタビューで、「株式市場の楽観がようやく商品市場 に波及しているようだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前日比0.8%高の1オンス=1711.50ドルで終了。週間では0.1% の上昇。

原題:Gold Advances as Commodities, Equities Rally on U.S. Payrolls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE