米卸売在庫:1月は0.4%増加、予想下回る-売上高0.1%減少

米卸売在庫は1月に増加したもの の、市場予想より小幅な伸びにとどまった。売上高の減少を反映した。

米商務省が発表した1月の卸売在庫は前月比0.4%増加した。ブル ームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.6%増 だった。昨年12月は1.1%増(速報値1.0%増)に修正された。

1月の卸売売上高は0.1%減少。前月は1.4%増加していた。売上高 在庫比率は1.15カ月と、6カ月連続して同水準となった。

耐久財の在庫は前月比0.8%増。自動車や機械が特に増えた。耐久 財の売上高は0.2%減。金属や機械の需要落ち込みが響いた。一方、自 動車の売上高は2.4%増加した。

非耐久財の在庫は0.2%減。売上高は0.1%のマイナスだった。衣料 品の需要が1.4%減少した。

アメリプライズ・ファイナンシャル(デトロイト)のシニアエコノ ミスト、ラッセル・プライス氏は統計発表前に、「在庫はまずまずの状 況で、積み上がってもいなければ、ひっ迫もしていない」と指摘。「在 庫水準と需要のバランスが保たれているため、企業在庫動向の国内総生 産(GDP)へのプラスの寄与度は今後数四半期にわたってわずかなも のになるだろう」と述べた。

てご覧ください。

原題:U.S. Wholesale Inventories Increase 0.4% as Sales Fall

0.1%(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE