インド株:2カ月ぶり大幅高、ギリシャ情勢と金融緩和期待で

インド株式相場は上昇。指標のセン セックス30種指数は2カ月ぶりの大幅高となった。ギリシャが債務交換 を完了したのに加え、インド準備銀行(RBI、中央銀行)が市中銀行 の資金不足の状況緩和に向けた策を講じるとの楽観が広がったことが手 がかり。

自動車メーカーのタタ・モーターズは3カ月ぶり高値。同社は2011 年3月期売上高のうち57%を、傘下の英高級車メーカー、ジャガー・ラ ンドローバーから得ている。国内最大の銀行、インドステイト銀行は 4%上げた。中銀の融資報告を受けて、中銀が来週の会合で流動性を高 める措置を打ち出すとの観測が高まった。

マルチ商品取引所(MCX)は上場初日の取引で26%急伸。MCX は国内取引所として初めて新規株式公開(IPO)を実施した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前営業日比357.72ポイン ト(2.1%)高の17503.24と、1月10日以降で最大の値上がり。週間ベ ースでは0.8%下げ、3週連続安となった。

中銀のデータによると、市中銀行は3月に入ってから1日当たり平 均で1兆3300億ルピーを中銀から借り入れた。これは金融当局が上限目 安とする6000億ルピーを2倍余り上回る水準。

タタ・モーターズ(TTMT IN)は4.7%高の280.65ルピー、ステイト 銀(SBIN IN)は4%上昇し2226.40ルピー。年初来では38%上げてい る。MCX(MCX IN)は1296.70ルピーで終了した。

原題:Indian Stocks Rally Most in Two Months as Europe Concerns Ease(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE