英消費者:3.5%物価上昇見込む、5月来の低水準-中銀調査

イングランド銀行(英中央銀行)が 9日発表した四半期調査によると、向こう1年に関する英消費者のイン フレ期待は前回調査時から後退し、2011年5月以来の低水準となった。 中銀の政策への満足度も2倍以上に改善した。

英消費者の2月時点における今後1年のインフレ率予想は3.5%。 昨年11月の前回調査時には4.1%が見込まれていた。物価抑制に向けた 中銀の金利設定に満足との回答は差し引きで20%と、前回の9%から倍 増した。

英インフレ率は昨年9月に5.2%に達したが、2月は3.6%と1年2 カ月ぶりの水準まで下がった。2%の中銀目標を上回る状態は2009年12 月以来続いている。欧州混乱の影響と英政府の緊縮財政を背景に英経済 の回復がもたついていることから、年末までには1.9%まで低下すると 中銀は予想している。

今回の調査で、13年2月からの1年間のインフレ率予想は2.9%と なり、10年8月以降で初めて政府目標上限の3%を下回った。

調査はイングランド銀の委託を受け英調査会社GfK・NOPが消 費者3789人を対象に2月9-14日、16-21日の2回に分けて実施した。

原題:U.K. Inflation Expectations Declined to Lowest Since May 2011(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE