香港株(終了):続伸-ギリシャ債務交換完了や中国インフレ鈍化好感

香港株式相場は続伸。ギリシャの債 務交換が完了したことに加え、中国のインフレ鈍化が手掛かりとなっ た。

スペインやドイツで港湾を保有する複合企業のハチソン・ワンポア (13 HK)は1.8%高。時価総額で中国3位の銀行、中国農業銀行(1288 HK)は1.1%値上がりした。建設機械メーカーの中聯重科(1157 HK) は4.6%上昇。同社株について英銀HSBCホールディングスが買いを 勧めたことがプラス材料。

ギリシャのピレウス港でコンテナ施設を運営する中遠太平洋(コス コ・パシフィック、1199 HK)や欧州を最大の市場とする衣料小売りの エスプリ・ホールディングス(330 HK)も買われた。

三菱UFJ投信で運用に携わる冨田道也氏(香港在勤)は、欧州債 務危機をめぐる懸念は後退したと述べた上で、中国の成長が一段と減速 すれば金融緩和がさらに進む可能性があり、株価の支援材料になるとの 見方を示した。

ハンセン指数は前日比185.27ポイント(0.9%)高の21086.00で終 了。週間の下落率は2.2%に縮小した。ハンセン中国企業株(H株)指 数は前日比0.8%高の11256.28で引けた。

原題:Hong Kong Stocks Rise on Greek Debt Deal, Slower China Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE