中国の乗用車販売台数、1-2月としては7年で最大の減少率

中国の乗用車販売台数は1-2月と しては7年で最大の落ち込みとなった。経済成長の鈍化と記録的な燃料 価格が消費者の購入意欲をそいだ。

中国自動車工業協会(CAAM)が9日発表したスポーツ型多目車 (SUV)などを含む1-2月の乗用車販売台数は前年同期比4.4%減 の237万台と、1-2月としては2005年以来の大幅な減少率を記録し た。ブルームバーグ・ニュースがアナリスト5人を対象にまとめた調査 の中央値では、3%減少が見込まれていた。

国泰君安証券の陳歓瑜(ハリー・チェン)アナリスト(深圳在勤) は、「中国の自動車メーカーにとって厳しい年になるだろう」と指摘、 「政府はインフレを懸念しており、景気減速が見込まれている」と付け 加えた。

2月の乗用車販売台数は前年同月比27%増の121万台と、市場予想 の中央値と一致した。中国では年により春節(旧正月)の連休が1月も しくは2月となるため、一般的に1、2両月を合わせた統計が使われ る。

原題:China Car Sales Have Worst Start Since 2005 on Slowing Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE