中国電信がiPhone販売開始-補助金で利益が減少も

中国3位の携帯電話サービス会社チ ャイナ・テレコム(中国電信)は9日、米アップルのスマートフォン (多機能携帯端末)「iPhone(アイフォーン)4S」の販売を開 始する。同社は、補助金を使って契約者を呼び込むものの、補助金のた めに利益が減少する可能性があるとの見方を示している。

BNPパリバ・セキュリティーズ・アジアのアナリスト、アレン・ リン氏(香港在勤)は、iPhoneの投入でチャイナ・テレコムの補 助金コストは19%増の241億元(約3122億円)に上るとの試算を示し た。同氏は今週、上位機種の販売奨励費を理由に、チャイナ・テレコム の投資判断を「買い」から「ホールド」に引き下げた。

アップルのオンラインストアでの16ギガバイト(GB)のiPho ne4Sの価格は4988元と、中国都市部の労働者の給与の2カ月分以上 に相当する。チャイナ・テレコムは先月、3年契約を結ぶ契約者は、端 末代金が無料になるほか、毎月のサービス利用料が最低で289元になる ことを明らかにした。

原題:China Telecom Starts Iphone Sales; Subsidies May Damp Profit (1)(抜粋)

--Edmond Lococo. Editors: Dave McCombs, Anand Krishnamoorthy

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE