ギリシャ債務交換:集団条項で参加率95.7%へ-歴史的な再編

ギリシャ政府は9日、史上最大規模 のソブリン債再編で目標に達したと発表した。提案に対して集団行動条 項を発動するのに十分な申し込みを得た結果、交換の参加率は最終的 に95.7%になる。

発表によると、ギリシャ国内法に基づき発行された国債1520億ユー ロ(約16兆4300億円)相当を保有する投資家が交換提案に応じた。これ は85.8%に相当する。外国法の下のギリシャ債200億ユーロを保有する 投資家も交換に応じた。ギリシャ財務省が電子メールで発表した。

政府発表後のアテネ時間午前8時40分(日本時間午後3時40分)現 在、ユーロは0.3%安の1ユーロ=1.3239ドル。

ベニゼロス財務相は「改革と調整に向けたわれわれの大胆なプログ ラムを支持してくれた全ての債権者に感謝の意を表したい」との声明を 出した。同財務相はアテネ時間午後1時から記者会見する。

ユーロ圏債務危機が3年目に入り、ギリシャが再び焦点となってい る。ギリシャは民間投資家が保有する2060億ユーロ相当を対象に、額面 の53.5%を減免する交換を提案した。公的部門からの1300億ユーロの第 2次金融支援とともに、民間による債務減免を欧州首脳らは危機の流れ を変える鍵と位置付けていた。

パパデモス首相率いる政府は自発的な交換が望ましいとしながら も、参加率が目標に届かないがCAC発動には十分な場合に、ギリシャ 国内法の下で発行された債券について条項を発動して交換を強制する意 向を明らかにしていた。90%以上の参加が望ましいとし、最低でも75% としていた。

判定委員会

国際スワップデリバティブ協会(ISDA)はロンドン時間9日午 後1時から判定委員会を開き、ギリシャに関する「信用事由の可能性」 を検討するとしている。欧州の財務相らも同時間に電話会議を行い交換 結果について話し合う。

ナビガント・キャピタルのマネジングディレクター、パワン・マリ ク氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「市場は既に これを織り込んでいた」とし、「何らかの理由で参加率がCAC発動の 必要がないほど高くなるわずかな可能性はあった」ものの、発動は「こ の日の市場にとって小さなマイナス要因にしかならないだろう」と語っ た。

債務交換では、投資家は保有する債券と引き換えに、既発債額面 の31.5%に相当する新発債と、欧州金融安定ファシリティー (EFSF)債を受け取る。新発債は英国法に準拠し、ギリシャの国内 総生産(GDP)と連動するワラントを伴う。これは同国の成長率が一 定の水準を上回った場合、投資家が追加の支払いを受けるというもの。 投資家の損失は純現在価値で70%を上回る。交換はギリシャの債務 を2020年にGDPの120.5%まで減らすことを目標としている。

原題:Greek Debt Swap Sees 95.7% Participation With Clauses (1) (抜粋)

--取材協力:Nicholas Comfort.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE