NY原油時間外:3日続伸-独鉱工業生産やギリシャの債務交換進展で

ニューヨーク原油先物相場は9日の 時間外取引で、3日続伸。ドイツ鉱工業生産が予想を上回ったことやギ リシャが債務交換の完了に近づいていることを好感した。

原油先物相場は一時、0.4%上昇した。週間ベースでも上昇しそう だ。1月のドイツ鉱工業生産指数は前月比1.6%上昇。ブルームバー グ・ニュースの調査による予想1.1%上昇(中央値)を上回った。ギリ シャ債務交渉の説明を受けた銀行関係者によると、ギリシャ国債の 約85%を保有する投資家が債務交換に応じた。

原油先物4月限は一時、37セント高の1バレル当たり106.95ドルを 付けた。シドニー時間午前11時3分(日本時間同9時3分)現 在、106.79ドルで推移している。前日の通常取引は0.4%高の106.58ド ルで引けた。終値としては5日以来の高値。年初来では8.1%上昇。

原題:Oil Gains a Third Day in New York on German Output, Greek Debt(抜粋)

参考画面:

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net

堀江広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913 hhorie@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE